税に関する最新ニュース

税金等についての最新の情報をご提供しています。定期的に更新しておりますので、お時間のある時にでもまた覗いてみて下さい。

税に関する最新ニュース一覧

《コラム》ふるさと納税上限規制で得する人

◆過熱する返礼品競争に総務省が待った  過熱する一方のふるさと納税返礼品競争に...

《コラム》ふるさと納税上限規制で得する人の続きを読む>

《コラム》早期経営改善計画の策定を

◆経営改善計画の簡易版です  従来の経営改善計画は、金融機関からリスケジュール等...

《コラム》早期経営改善計画の策定をの続きを読む>

増税後の相続がとうとうターゲットに

国税当局の一斉人事異動からしばらく経ち、当局が本格的に税務調査に取り組む時期にな...

増税後の相続がとうとうターゲットにの続きを読む>

《コラム》平成29年4月1日より設立・異動届出書の手続簡素化

◆29年より登記事項証明書の添付省略  平成29年4月1日より国税庁に提出する届...

《コラム》平成29年4月1日より設立・異動届出書の手続簡素化の続きを読む>

共謀罪から相続税が除外

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が、与野党によ...

共謀罪から相続税が除外の続きを読む>

《コラム》高齢者ドライバーの交通安全対策強化 道路交通法の改正

◆高齢の運転者を雇用している場合の注意  この3月に改正道路交通法が施行されま...

《コラム》高齢者ドライバーの交通安全対策強化 道路交通法の改正の続きを読む>

《コラム》請負と委任

◆請負契約とは  請負は、大工が家を建てる場合や、クリーニング店が洗濯をする場合...

《コラム》請負と委任の続きを読む>

《コラム》消費税 住宅の家賃収入でも課税?

◆ウィークリーマンションは?  住宅の家賃収入には消費税はかからないと言うこと...

《コラム》消費税 住宅の家賃収入でも課税?の続きを読む>

《コラム》どっちがお得?医療費控除とOTC医療費控除

◆今年から適用されるOTC医薬品の控除  今年度から適用される「スイッチOTC医...

《コラム》どっちがお得?医療費控除とOTC医療費控除の続きを読む>

【助成金補助金診断ナビ】新着助成金ニュース

【助成金補助金診断ナビ】新着助成金ニュース 2017年6月5日更新の新着助成金情...

【助成金補助金診断ナビ】新着助成金ニュースの続きを読む>

《コラム》ポイント制度を運用する側の 会計・税務・マーケティング

◆顧客囲い込み目的のマーケティングツール  “1回食事をするごとに1個スタンプが...

《コラム》ポイント制度を運用する側の 会計・税務・マーケティングの続きを読む>

《コラム》ミニ保険と生保控除

◆少額短期保険(ミニ保険)会社とは  生保会社は金融庁長官の免許業者ですが、少額...

《コラム》ミニ保険と生保控除の続きを読む>

《コラム》事業と非事業の判定

◆事業的規模の不動産所得  不動産貸付けでの事業的規模の判定には、5棟10室基準...

《コラム》事業と非事業の判定の続きを読む>

《コラム》未支給年金の判決と国税庁の整理

◆未払給与・未払年金  遺族の方に支給される遺族年金は、所得税も相続税も課税され...

《コラム》未支給年金の判決と国税庁の整理の続きを読む>

相続課税割合公表値を読む

◆基礎控除引下げの影響の予測と結果  平成27年1月1日以後の相続から基礎控除額...

相続課税割合公表値を読むの続きを読む>

《コラム》管理会計のススメ  粗利益を多く積み上げるには・・・

◆粗利益の絶対額を確保する方法は4つある  儲けの源泉である粗利益は、「売上-...

《コラム》管理会計のススメ  粗利益を多く積み上げるには・・・の続きを読む>

《コラム》消費税「授業料は非課税と言っても」

◆学校の授業料は消費税が非課税  消費税法では、学校教育につき、授業料・入学検定...

《コラム》消費税「授業料は非課税と言っても」の続きを読む>

平成29年3月の税務

3/10 ●2月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 3/15 ●前年分所得...

平成29年3月の税務の続きを読む>

セルフメディケーション税制が開始

ドラッグストアなどで買える市販薬「スイッチOTC薬」の購入費が年1万2千円を超え...

セルフメディケーション税制が開始の続きを読む>

平成28年分確定申告 株式等の譲渡所得の計算に留意

平成28年分確定申告 株式等の譲渡所得の計算に留意  株式等に係る譲渡所得の課...

平成28年分確定申告 株式等の譲渡所得の計算に留意の続きを読む>

平成29年度税制改正 資産課税編

資産課税の主な改正は、次の通りです。 ●財産評価の適正化 1.取引相場のない株式...

平成29年度税制改正 資産課税編の続きを読む>

1月27日朝時点での国税庁HP新着情報

1月27日朝時点での新着情報は、以下の通りです。 国税庁ホームページ掲載日:平成...

1月27日朝時点での国税庁HP新着情報の続きを読む>

平成29年度税制改正 個人所得課税編

 平成28年12月8日、平成29年度税制改正大綱が発表されました。先ず、「個人所...

平成29年度税制改正 個人所得課税編の続きを読む>

《コラム》年末調整とマイナンバー

◆年末調整関連書類と個人番号の記載  給与所得者(従業員等)は平成28年1月以降...

《コラム》年末調整とマイナンバーの続きを読む>

《コラム》平成28年分 年末調整の留意点

 年末調整は、給与の支払を受ける人の一人一人について、毎月(日)の給料や賞与な...

《コラム》平成28年分 年末調整の留意点の続きを読む>

《コラム》平成28年分 年末調整の留意点

 年末調整は、給与の支払を受ける人の一人一人について、毎月(日)の給料や賞与な...

《コラム》平成28年分 年末調整の留意点の続きを読む>

《コラム》預貯金とマイナンバー

◆預貯金のマイナンバー管理  平成27年8月のマイナンバー法改正に伴い、国税通則...

《コラム》預貯金とマイナンバーの続きを読む>

平成28年12月の税務

12/12 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている...

平成28年12月の税務の続きを読む>

《コラム》相続税額の2割加算と養子

◆指摘の多いのが2割加算  相続税の基礎控除引き下げにより、課税対象者が大幅に...

《コラム》相続税額の2割加算と養子の続きを読む>

《コラム》株主リストの添付が義務化

◆登記悪用の違法行為が後を絶たず  株主総会議事録を偽造して、役員になりすまして...

《コラム》株主リストの添付が義務化の続きを読む>

《コラム》相続時精算課税方式って何?

 相続時精算課税制度とは60歳以上の親から20歳以上の子へ贈与がされた場合に選...

《コラム》相続時精算課税方式って何?の続きを読む>

平成28年10月の税務

10/11 ●9月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 10/17 ●特別...

平成28年10月の税務の続きを読む>

《コラム》賃貸用建物の譲渡と課税事業者

個人で不動産の賃貸業を営む方(免税事業者)が、たまたま前々年の平成26年(本年、...

《コラム》賃貸用建物の譲渡と課税事業者の続きを読む>

平成28年9月の税務

9/12 ●8月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 9/30 ●7月決算...

平成28年9月の税務の続きを読む>

相続時精算課税方式って何?

 相続時精算課税制度とは60歳以上の親から20歳以上の子へ贈与がされた場合に選択...

相続時精算課税方式って何?の続きを読む>

固定資産税の過徴収相次ぐ

 島根県津和野町が住民85人の固定資産税につき、平成18年から10年にわたって過...

固定資産税の過徴収相次ぐの続きを読む>

《コラム》預貯金と遺産分割

◆預貯金は遺産分割の対象外? 「相続財産」と聞いて思い浮かべるものに、「預貯金」...

《コラム》預貯金と遺産分割の続きを読む>

《コラム》どっちが優先? 遺言と遺産分割協議書

◆年々増える遺言作成件数  相続・遺言に対する関心は年々高まっており、平成26年...

《コラム》どっちが優先? 遺言と遺産分割協議書の続きを読む>

《コラム》取締役と会社の利益相反取引

◆取締役と利益相反取引  買い物をするとき、消費者であればできるだけ安く購入し...

《コラム》取締役と会社の利益相反取引の続きを読む>

平成28年6月の税務

6/10 ●5月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の...

平成28年6月の税務の続きを読む>

平成28年から通勤手当非課税枠引上げ

平成28年から通勤手当非課税枠引上げ 信州上田も首都通勤圏に!? ◆真田...

平成28年から通勤手当非課税枠引上げの続きを読む>

5月25日朝時点での国税庁HP新着情報

5月25日朝時点での新着情報は、以下の通りです。 国税庁ホームページ掲載日:平成...

5月25日朝時点での国税庁HP新着情報の続きを読む>

《コラム》能力・成績を理由とした解雇

◆問題社員ならまず注意・指導を  企業においては時々能力不足や勤務成績不良など...

《コラム》能力・成績を理由とした解雇の続きを読む>

《コラム》ふるさと納税の最有効限度額の算出

◆ふるさと納税と所得税住民税の寄附金控除  都道府県及び区市町村に寄附すること...

《コラム》ふるさと納税の最有効限度額の算出の続きを読む>

《コラム》マイナンバー 勤務先に副業は知られるか

◆よくある質問 就業後のアルバイト  マイナンバーに関しての質問で多いものの1つ...

《コラム》マイナンバー 勤務先に副業は知られるかの続きを読む>

《コラム》士気の向上にも寄与 表彰制度

◆いまどき古臭い?表彰制度  どの企業も就業規則の中に表彰及び懲戒の項目は設けら...

《コラム》士気の向上にも寄与 表彰制度の続きを読む>

《コラム》管理会計のススメ まずは損益分岐点

◆財務会計vs管理会計  会計には、大きく分けて外部報告目的の「財務会計」と内部...

《コラム》管理会計のススメ まずは損益分岐点の続きを読む>

平成28年4月の税務

4/11 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4/15 ●給与支払...

平成28年4月の税務の続きを読む>

派遣事業の健全化と雇用安定措置

 平成27年の9月30日に労働者派遣法が改正されましたが、その内容は主に次の7項...

派遣事業の健全化と雇用安定措置の続きを読む>

《コラム》還付申告書 提出期限はいつまで?

 確定申告ですが、申告書を作成している段階で算出した税額が、源泉徴収された税額...

《コラム》還付申告書 提出期限はいつまで?の続きを読む>

《コラム》個人の確定申告 申告手続きに留意!

確定申告の時期に入りました。多くの方は、ほぼ準備が完了し申告書の作成かと思います...

《コラム》個人の確定申告 申告手続きに留意!の続きを読む>

税務調査前の通知、徹底されず

国税通則法で定められた手続きが適切に実施されていない税務調査があることを、東京税...

税務調査前の通知、徹底されずの続きを読む>

《コラム》マイナンバー制度の法人番号

◆法人番号とは  マイナンバー制度では、国民一人一人に付与される個人番号の他に...

《コラム》マイナンバー制度の法人番号の続きを読む>

平成28年2月の税務

2/10 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2/29 ●前年12月...

平成28年2月の税務の続きを読む>

平成28年度税制改正大綱 個人課税編

個人課税については、配偶者控除等各種控除の抜本的な改正は見送られました。以下、主...

平成28年度税制改正大綱 個人課税編の続きを読む>

《コラム》経営環境と目標管理

経営環境の変化を見て目標管理の課題を発見しようとしている企業では、適切な時期と...

《コラム》経営環境と目標管理の続きを読む>

《コラム》相続税の自主申告 国税庁 誤りやすい事例を公表

専門誌等では、あれやこれやの節税策が喧伝されています。  では、相続税の基礎控...

《コラム》相続税の自主申告 国税庁 誤りやすい事例を公表の続きを読む>

《コラム》12月はふるさと納税の最終調整月

◆地方の自主財源にも険しい道  地方自治体は、条例により法定外税(=法律で決まっ...

《コラム》12月はふるさと納税の最終調整月の続きを読む>

《コラム》相続税の自主申告 国税庁 誤りやすい事例を公表

 専門誌等では、あれやこれやの節税策が喧伝されています。  では、相続税の基礎控...

《コラム》相続税の自主申告 国税庁 誤りやすい事例を公表の続きを読む>

《コラム》「高齢者の地方移住」の支援へ 政府「住み替え税制」を検討中

◆家康の隠居先が「駿府」であった理由  関ケ原の戦いで西軍に勝利した徳川家康は、...

《コラム》「高齢者の地方移住」の支援へ 政府「住み替え税制」を検討中の続きを読む>

平成27年12月の税務

12/10 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者...

平成27年12月の税務の続きを読む>

インターネット不正送金で変わるセキュリティのあり方

インターネットバンキングの不正送金の被害が目立っています。警察庁によると、今年...

インターネット不正送金で変わるセキュリティのあり方の続きを読む>

少額減価償却資産の判定

◆少額減価償却資産とは  使用可能期間が1年未満のもの、取得価額が10万円未満の...

少額減価償却資産の判定の続きを読む>

《コラム》マイナンバーの簡便な収集と保管方法

◆従業員のマイナンバーの収集・保管には  これから従業員のマイナンバーを収集・保...

《コラム》マイナンバーの簡便な収集と保管方法の続きを読む>

《コラム》重点管理富裕層という新概念

◆いわゆる「富裕層」への重点調査  ここ数年の公表される税務調査事績では、いわゆ...

《コラム》重点管理富裕層という新概念の続きを読む>

《コラム》交際費課税の整理整頓

◆交際費に該当しない交際費  交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で...

《コラム》交際費課税の整理整頓の続きを読む>

《コラム》高齢化と人件費

従業員の高齢化に伴って人件費が増加し、赤字体質に陥ってしまう企業があります...

《コラム》高齢化と人件費の続きを読む>

平成27年10月の税務

10/13 ●9月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 10/15 ●特別農...

平成27年10月の税務の続きを読む>

役員等の勤続期間5年以下 退職金の2分の1課税なし

退職金課税(住民税も含む)の特徴、あるいは節税効果があると喧伝される理由は、勤続...

役員等の勤続期間5年以下 退職金の2分の1課税なしの続きを読む>

《コラム》社会保険に加入する人・しない人

会社や事業所で働くと普通、社会保険(厚生年金保険・健康保険)に加入しますが...

《コラム》社会保険に加入する人・しない人の続きを読む>

《コラム》平成27年5月「空き家対策法」施行 「空き家」に関連する税制

◆平成27年5月「空き家対策法」全面施行  平成27年5月「空き家対策法」(空家...

《コラム》平成27年5月「空き家対策法」施行 「空き家」に関連する税制の続きを読む>

《コラム》マイナンバー制度 安全管理体制作りのポイント

◆会社が行うべき「安全管理措置」  マイナンバーは厳格な管理が求められています。...

《コラム》マイナンバー制度 安全管理体制作りのポイントの続きを読む>

改正相続税 個別無料相談会実施中

改正相続税 個別無料相談会実施中 1. 基礎控除の引き下げ 平成27年1月から相...

改正相続税 個別無料相談会実施中の続きを読む>

都市部の路線価は上昇傾向

国税庁が7月1日に公表した平成27年分の路線価では、全国平均は前年分を0.4%下...

都市部の路線価は上昇傾向の続きを読む>

《コラム》ふるさと納税のワンストップ特例とは?

◆ワンストップ特例制度とは  ふるさと納税制度は納税者が、住んでいる場所以外の自...

《コラム》ふるさと納税のワンストップ特例とは?の続きを読む>

《コラム》今年の税制改正とマイナンバー

◆税制改正大綱のプラン  税制改正大綱では、国税通則法を改正し、銀行等に対し、マ...

《コラム》今年の税制改正とマイナンバーの続きを読む>

《コラム》マイナンバー漏洩リスク対策

◆マイナンバーへの国家総動員態勢  10月からのマイナンバー配布に向けて、マイナ...

《コラム》マイナンバー漏洩リスク対策の続きを読む>

《コラム》マイナンバー導入の光と影

◆社会保障と税の共通番号開始は16年1月  マイナンバー制度は既に2010年当時...

《コラム》マイナンバー導入の光と影の続きを読む>

《コラム》H27.4よりスタート!結婚・子育て資金の一括贈与の非課税

◆結婚・子育て資金の一括贈与の非課税創設  平成27年4月より「結婚・子育て資金...

《コラム》H27.4よりスタート!結婚・子育て資金の一括贈与の非課税の続きを読む>

改正相続税 個別無料相談会実施中

改正相続税 個別無料相談会実施中 1. 基礎控除の引き下げ 平成27年1月から相...

改正相続税 個別無料相談会実施中の続きを読む>

5月12日朝時点での国税庁HP新着情報

5月12日朝時点での新着情報は、以下の通りです。 国税庁ホームページ掲載日:平成...

5月12日朝時点での国税庁HP新着情報の続きを読む>

改正相続税 個別無料相談会実施中

改正相続税 個別無料相談会実施中 1. 基礎控除の引き下げ 平成27年1月から相...

改正相続税 個別無料相談会実施中の続きを読む>

(前編)ふるさと納税の特例控除限度額を2割に引上げへ!

 2015年度税制改正において、地方創生を推進するための施策の一つに、ふるさと納...

(前編)ふるさと納税の特例控除限度額を2割に引上げへ!の続きを読む>

(後編)ふるさと納税の特例控除限度額を2割に引上げへ!

(前編からのつづき)  この特例控除額の控除限度額は現行1割ですが、2016年度...

(後編)ふるさと納税の特例控除限度額を2割に引上げへ!の続きを読む>

《コラム》親の家屋に子が増築した場合

◆親の家屋に子が増築した場合  親が所有する家屋を子の資金で増築するということが...

《コラム》親の家屋に子が増築した場合の続きを読む>

若者雇用対策法案のポイント

若者雇用対策法案のポイント ◆若者が働き易い労働環境の整備を目指して  ...

若者雇用対策法案のポイントの続きを読む>

事例別非課税ライン一覧

事例別非課税ライン一覧 事例 非課税ライン 備考・解説 等 個人事業をやっている...

事例別非課税ライン一覧の続きを読む>

《コラム》小規模企業共済・中退共の利用も 青色事業専従者に対する退職金

◆青色事業専従者に対する退職金  個人事業者の所得の金額の計算上、青色事業専従者...

《コラム》小規模企業共済・中退共の利用も 青色事業専従者に対する退職金の続きを読む>

(後編)国税庁:2013事務年度の消費税調査を公表!

(前編からのつづき)  1件あたりの追徴税額をみてみますと、特別調査・一般調査が...

(後編)国税庁:2013事務年度の消費税調査を公表!の続きを読む>

(前編)国税庁:2013事務年度の消費税調査を公表!

国税庁は、2013事務年度(2014年6月までの1年間)に実施した消費税調査を...

(前編)国税庁:2013事務年度の消費税調査を公表!の続きを読む>

《コラム》相続と債務 課税方式と債務の分割

◆遺産課税と遺産取得課税  相続の課税方式には、遺産課税と遺産取得課税がありま...

《コラム》相続と債務 課税方式と債務の分割の続きを読む>

1月9日朝時点での国税庁HP新着情報

1月9日朝時点での新着情報は、以下の通りです。 国税庁ホームページ掲載日:平成...

1月9日朝時点での国税庁HP新着情報の続きを読む>

改正相続税 個別無料相談会実施中

1. 基礎控除の引き下げ 平成27年1月から相続税の基礎控除引き下げが実施されま...

改正相続税 個別無料相談会実施中の続きを読む>

《コラム》誤りやすい事例 年末調整の留意点

 年末調整の時期となりました。年末調整とは、給与の支払を受ける人の一人一人につい...

《コラム》誤りやすい事例 年末調整の留意点の続きを読む>

改正相続税 個別無料相談会実施中

改正相続税 個別無料相談会実施中 1. 基礎控除の引き下げ 平成27年1月から相...

改正相続税 個別無料相談会実施中の続きを読む>

《コラム》微妙に異なる会計と税務  開業費の「特別に支出する」

◆微妙に異なる会計と税務の「開業費」  個人でも会社でも開業に際しては少なから...

《コラム》微妙に異なる会計と税務  開業費の「特別に支出する」の続きを読む>

おさえておきたい贈与税改正 今年と来年の精算課税の違い

おさえておきたい贈与税改正 今年と来年の精算課税の違い ◆H27年以後の...

おさえておきたい贈与税改正 今年と来年の精算課税の違いの続きを読む>

平成26年11月の税務

11/10 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11/17 ●所得...

平成26年11月の税務の続きを読む>

改正相続税 個別無料相談会実施中

1. 基礎控除の引き下げ 平成27年1月から相続税の基礎控除引き下げが実施されま...

改正相続税 個別無料相談会実施中の続きを読む>

平成26年11月の税務

11/10 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11/17 ●所得...

平成26年11月の税務の続きを読む>

修繕費か取得価額か 外壁塗装等の工事費

修繕費か取得価額か 外壁塗装等の工事費 所得税及び法人税において、賃貸ビル、事業...

修繕費か取得価額か 外壁塗装等の工事費の続きを読む>

改正相続税 個別無料相談会実施中

1. 基礎控除の引き下げ 平成27年1月から相続税の基礎控除引き下げが実施されま...

改正相続税 個別無料相談会実施中の続きを読む>

教育訓練給付金の給付拡大

◆介護職等の資格取得も使える  雇用保険の教育訓練給付は労働者や離職者が自ら費用...

教育訓練給付金の給付拡大の続きを読む>

改正相続税 個別無料相談会実施中

1. 基礎控除の引き下げ 平成27年1月から相続税の基礎控除引き下げが実施されま...

改正相続税 個別無料相談会実施中の続きを読む>

《コラム》社会保険診療報酬と消費税転嫁

◆社会保険診療報酬と消費税の転嫁の問題  平成24年11月、兵庫県の4つの医療法...

《コラム》社会保険診療報酬と消費税転嫁の続きを読む>

気をつけたい相続発生時の税務 不動産の遺産分割が未了の場合

◆固都税は「相続人代表者指定届出」を提出  亡くなられた方が有していた不動産の所...

気をつけたい相続発生時の税務 不動産の遺産分割が未了の場合の続きを読む>

消費税の経理処理 保険料は全額非課税?

◆保険料と代理店手数料  ライフネット生命が保険料と保険代理店の代理店手数料を公...

消費税の経理処理 保険料は全額非課税?の続きを読む>

《コラム》配偶者控除見直しの動き

◆税制調査会で検討される  安倍内閣は新しい成長戦略の中で子育ての負担を軽くした...

《コラム》配偶者控除見直しの動きの続きを読む>

《コラム》H26.6 経産省「消費税の転嫁状況」

「全て転嫁ができている」7~8割 ◆経産省「消費税の転嫁状況」の月次調査  消...

《コラム》H26.6 経産省「消費税の転嫁状況」の続きを読む>

《コラム》所得拡大促進税制 経過年度の取扱いに留意

所得拡大促進税制(雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の税額控除)は、平成...

《コラム》所得拡大促進税制 経過年度の取扱いに留意の続きを読む>

《コラム》使い勝手がイマイチ 生産ライン・オペレーション減税

民間投資を喚起する成長戦略の一環として、今年度の税制改正で創設された「生産性向上...

《コラム》使い勝手がイマイチ 生産ライン・オペレーション減税の続きを読む>

《コラム》ポイント引当金と金品引換費用

◆ポイント引当金とは?  近年の法人税の改正は「税率軽減・課税ベース拡大」の方...

《コラム》ポイント引当金と金品引換費用の続きを読む>

交際費課税見直しで新たな応答集

平成26年度税制改正で交際費の非課税制度が拡充されたことを受けて、国税庁は「接待...

交際費課税見直しで新たな応答集の続きを読む>

《コラム》今だからこそ基本を知ろう 消費税の基本

◆「消費税」は間接税です。  本年4月に消費増税率が5%から8%に上がり、来年の...

《コラム》今だからこそ基本を知ろう 消費税の基本の続きを読む>

NHKの増税分徴収法に疑問の声

消費増税に伴ってNHKの放送受信料も値上がりしました。この値上げに関して、旧受信...

NHKの増税分徴収法に疑問の声の続きを読む>

消費増税がクルマ持ち直撃

 自動車メーカー各社の国内販売数は、消費増税前の1~3月、軒並み前年度を大きく上...

消費増税がクルマ持ち直撃の続きを読む>

《コラム》大企業向け税制ですが…H26年度接待飲食費の改正

◆H26.4.1以後開始事業年度から適用開始  中小企業向けの税制とは言えないも...

《コラム》大企業向け税制ですが…H26年度接待飲食費の改正の続きを読む>

平成26年5月の税務

5/12 ●4月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 5/15 ●特別農業所...

平成26年5月の税務の続きを読む>

印紙税の非課税枠「5万円未満」に

領収書に掛かる印紙税の非課税範囲が4月1日から拡充され、受け取り金額が5万円未満...

印紙税の非課税枠「5万円未満」にの続きを読む>

適用10社以下の租特が全体の5割

 10社以下しか使っていない租税特別措置(租特)が60種類あり、租特全体の5割近...

適用10社以下の租特が全体の5割の続きを読む>

《コラム》売電所得と消費税

◆売電収入と所得の分類  会社員が自宅に太陽光発電設備を設置し固定価格買取制度に...

《コラム》売電所得と消費税の続きを読む>

《コラム》H26.4.1から5万円未満が非課税に 領収書等の印紙税が変わります

◆『領収書』と『領収証』はどちらが正しい?  『「領収書」と「領収証」はどちらが...

《コラム》H26.4.1から5万円未満が非課税に 領収書等の印紙税が変わりますの続きを読む>

《コラム》わりと見かけるようになった消費税の「税抜価格」表示

《コラム》わりと見かけるようになった消費税の「税抜価格」表示 ◆ついに始ま...

《コラム》わりと見かけるようになった消費税の「税抜価格」表示の続きを読む>

《コラム》『必要経費性』が問われる個人事業者のゴルフ接待費

◆個人事業者の『交際費』の『必要経費性』  確定申告の作業を進めていく中で、悩ま...

《コラム》『必要経費性』が問われる個人事業者のゴルフ接待費の続きを読む>

中小企業投資促進税制が拡充

 中小企業投資促進税制が1月20日に拡充されました。この税制は、個人事業主や資本...

中小企業投資促進税制が拡充の続きを読む>

交際費課税の特例が見直し

中小企業庁は平成26年度の税制改正大綱のとりまとめを受けて、中小企業・小規模事業...

交際費課税の特例が見直しの続きを読む>

《コラム》平成26年度税制改正大綱 消費課税編

 消費税の軽減税率に関しては、税率10%時に導入するとし、その具体的な時期につ...

《コラム》平成26年度税制改正大綱 消費課税編の続きを読む>

《コラム》平成26年度税制改正大綱 資産課税(譲渡所得・相続税)編

 先ず譲渡所得、次いで相続税・贈与税の主な改正項目から概観していきます。 ≪譲渡...

《コラム》平成26年度税制改正大綱 資産課税(譲渡所得・相続税)編の続きを読む>

相続時精算課税と暦年贈与 暦年は谷型、精算は山型

相続時精算課税と暦年贈与 暦年は谷型、精算は山型 ◆贈与税の二つの方式の...

相続時精算課税と暦年贈与 暦年は谷型、精算は山型の続きを読む>

平成26年度税制改正大綱が決定

2014年度の与党税制改正大綱が12月12日にとりまとめられました。法人実効税率...

平成26年度税制改正大綱が決定の続きを読む>

《コラム》課税→免税の移行期

◆課税→免税のときの棚卸資産  課税事業者が新たに免税事業者となる場合で、課税事...

《コラム》課税→免税の移行期 の続きを読む>

資本金の額と法人税額

資本金の額と法人税額  法人税では、資本金の額によって課税所得金額に適用される税...

資本金の額と法人税額の続きを読む>

マイナンバー制度と企業の事務

◆マイナンバー法案が成立  今年の5月に「行政手続きに特定の個人を識別する為の番...

マイナンバー制度と企業の事務の続きを読む>

《コラム》法定納期限と納期限

◆延滞税に関する原則規定  国税通則法の延滞税に関する条文には、 ①期限内申告書...

《コラム》法定納期限と納期限 の続きを読む>

《コラム》今年の税制改正 固定価格買取と即時償却

◆固定価格買取制度  日本での電力買取制度は、2009年11月より自宅等で使う電...

《コラム》今年の税制改正 固定価格買取と即時償却の続きを読む>

《コラム》今年の税制改正 固定価格買取と即時償却

◆固定価格買取制度  日本での電力買取制度は、2009年11月より自宅等で使う電...

《コラム》今年の税制改正 固定価格買取と即時償却の続きを読む>

オフィスの移転と許認可

 オフィスを移転する企業が最も多いのは3月だそうで、年間の引越日の約3割がこの時...

オフィスの移転と許認可の続きを読む>

婚外子の〝相続格差〟に「違憲」決定

 結婚していない男女間に生まれた非嫡出子(婚外子)の遺産相続分を、結婚している夫...

婚外子の〝相続格差〟に「違憲」決定の続きを読む>

厚生年金保険料率引き上げ

厚生年金の保険料率が、今年も9月分(10月末納付期限分)から引き上げられます。社...

厚生年金保険料率引き上げの続きを読む>

《コラム》相続税と所得税 持分払戻し請求権と死亡退職金

◆持分払戻し請求権とは  持分会社等(事業協同組合、持分の定めのある医療法人等を...

《コラム》相続税と所得税 持分払戻し請求権と死亡退職金の続きを読む>

《コラム》相続税の葬式費用の取扱い 告別式を2回に分けて行った場合

◆相続税の葬式費用の取扱い  最近書店では「エンディングノート」や「遺言書の書き...

《コラム》相続税の葬式費用の取扱い 告別式を2回に分けて行った場合の続きを読む>

平成25年8月の税務

8/12 ●7月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 9/2 ●6月決算法人...

平成25年8月の税務の続きを読む>

《コラム》2世帯住宅に人気

◆評価が8割引の特例を最大活用  相続の際に土地の評価を8割引にできる「小規模宅...

《コラム》2世帯住宅に人気の続きを読む>

《コラム》今年の税制改正 教育資金一括贈与

◆教育資金贈与はもともと非課税では?  学校の入学金や授業料など教育のために必...

《コラム》今年の税制改正 教育資金一括贈与の続きを読む>

住宅購入者に最大30万円支給

自民、公明の与党両党が消費税増税の負担軽減策として、来春に消費税率を8%に引き上...

住宅購入者に最大30万円支給の続きを読む>

今年の税制改正 同族株式・社債等への新課税制度

今年の税制改正 同族株式・社債等への新課税制度 ◆証券会社での捕捉管理可能、...

今年の税制改正 同族株式・社債等への新課税制度の続きを読む>

6月26日朝時点での国税庁HP新着情報

6月26日朝時点での新着情報は、以下の通りです。 国税庁ホームページ...

6月26日朝時点での国税庁HP新着情報の続きを読む>

平成25年7月の税務

7/10 ●6月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 7/16 ●所得税の予...

平成25年7月の税務の続きを読む>

《コラム》孫の幸せを信託

◆実施の初月から反応  平成25年度税制改正により、教育資金の直系尊属(曾祖父母...

《コラム》孫の幸せを信託の続きを読む>

(後編)国税の納付方法の確認

(後編)国税の納付方法の確認  ...

(後編)国税の納付方法の確認の続きを読む>

(前編)国税の納付方法の確認

 国税の納付方法には、 ①現金に納付書を添えて納付する方法 ②指定した金融機関の...

(前編)国税の納付方法の確認の続きを読む>

《コラム》消費税増税前にチェック! 住宅にまつわる税額控除

◆消費税増税で変わる住宅ローン最大控除額  平成25年税制改正で、住宅借入金を有...

《コラム》消費税増税前にチェック! 住宅にまつわる税額控除の続きを読む>

雇用保険の基本手当受給中の再就職

雇用保険の基本手当受給中の再就職 ◆再就職した時に受給できる再就職手当  再...

雇用保険の基本手当受給中の再就職の続きを読む>

解雇予告手当と和解金

◆解雇予告手当とは  使用者が労働者を解雇しようとする場合、少なくとも30日前...

解雇予告手当と和解金の続きを読む>

《コラム》個人の確定申告 申告の誤りに気づいた時

 確定申告も終わり、ホッと一息ですが、終了後の資料を整理している最中、計算の誤り...

《コラム》個人の確定申告 申告の誤りに気づいた時 の続きを読む>

書面決議の留意点

◆取締役会と書面決議 旧商...

書面決議の留意点の続きを読む>

継続雇用時の賃金はどうする

継続雇用時の賃金はどうする ◆希望者全員65歳雇用確保時代  高年齢者雇用安...

継続雇用時の賃金はどうするの続きを読む>

3月21日朝時点での国税庁HP新着情報

3月21日朝時点での新着情報は、以下の通りです。 国税庁ホームページ...

3月21日朝時点での国税庁HP新着情報の続きを読む>

経理チェックポイント 修繕積立金

◆修繕積立金とは  読んで字の如く、将来の修繕の為に積み立てる金額です。  自社...

経理チェックポイント 修繕積立金 の続きを読む>

受給を遅らせて割増年金を受け取る時

◆老齢厚生年金の繰り下げ支給 老齢厚生年...

受給を遅らせて割増年金を受け取る時の続きを読む>

平成25年度税制改正大綱 個人所得課税編

平成25年度税制改正大綱 個人所得課税編  平成25年度税制改正大綱は、1月24...

平成25年度税制改正大綱 個人所得課税編の続きを読む>

《コラム》準備は整いましたか! 所得税の確定申告

《コラム》準備は整いましたか! 所得税の確定申告  平成24年分所得税の確定...

《コラム》準備は整いましたか! 所得税の確定申告の続きを読む>

《コラム》組織再編での課税売上割合

  ...

《コラム》組織再編での課税売上割合の続きを読む>

《コラム》不動産取得税と固定資産税

《コラム》不動産取得税と固定資産税  不動産取得税と固定資産税は、共通点も多...

《コラム》不動産取得税と固定資産税の続きを読む>

医療費助成金を活用した際の医療費控除は?

患者が医療機関の窓口で負担する医療費を、公費から助成する事業が多くの...

医療費助成金を活用した際の医療費控除は?の続きを読む>

会社が費用負担する社員旅行の税務

仕事をスムーズに遂行するためには社内の円滑なコミュニケーションが必須として、社内...

会社が費用負担する社員旅行の税務の続きを読む>

「士業」へ支払う報酬の税務に注意

税理士事務所では、「法務」の顧問などとして、弁護士など他士業の先生方とパートナー...

「士業」へ支払う報酬の税務に注意の続きを読む>

事前確定届出給与は使えるか

事前確定届出給与は使えるか ◆役員給与の支給の仕方に関わる税法制限  役員給...

事前確定届出給与は使えるか の続きを読む>

顧客紹介の謝礼金は交際費?

企業の多くが顧客の新規開拓の難しさを実感しています。新規の顧客を紹介してくれた...

顧客紹介の謝礼金は交際費?の続きを読む>

駐車違反の反則金を会社が負担したら

営業マンが社用車で営業中に駐車違反...

駐車違反の反則金を会社が負担したらの続きを読む>

会社分割と消費税納税義務

◆合併と会社分割は違うのに同じ扱い  合併では被合併会社は消滅します。それに対し...

会社分割と消費税納税義務 の続きを読む>

FC加盟料は繰延資産で5年償却

FC加盟料は繰延資産で5年償却  「代々続いてきた酒屋をコンビニに業態転換」「...

FC加盟料は繰延資産で5年償却の続きを読む>

外国法人の子会社になる

◆組織再編対価の柔軟化  会社法では、平成19年5月から(会社法自体の施行時期...

外国法人の子会社になるの続きを読む>

ゴルフ会員権譲渡所得の取得費の扱い変更

国税庁はこのほど、ゴルフ会員権を譲渡されたときの譲渡の収入金額から控除する取得費...

ゴルフ会員権譲渡所得の取得費の扱い変更の続きを読む>

国税の滞納残高は〝ピーク時〟から半減

平成23年度の国税の滞納残高は約1兆3617億円(前年度比4.1%減)で、13...

国税の滞納残高は〝ピーク時〟から半減の続きを読む>

民法と相続税 実子と養子

◆民法と相続税  民法では、養子の数に制限をもうけていませんが、相続税では、相...

民法と相続税 実子と養子の続きを読む>

欠損金の利用制限 うっかり失念

欠損金の利用制限 うっかり失念 ◆平成22年度税制改正前  法人税では、適格...

欠損金の利用制限 うっかり失念の続きを読む>

社内ゴルフコンペはどうなるの

◆ゴルフコンペは交際費  社外の取引先等を対象としたゴルフコンペにかかった費用...

社内ゴルフコンペはどうなるのの続きを読む>

退職後に支払う給与の源泉徴収はどうなる?

 退職した社員に給与を支払うことがあります。退職後に支給時期が到来する給与がある...

退職後に支払う給与の源泉徴収はどうなる?の続きを読む>

滞納があった場合の家賃の計上時期はいつ?

「本業よりも不動産投資に力を入れたい」と、アパート・マンション経営が軌道に乗る...

滞納があった場合の家賃の計上時期はいつ?の続きを読む>

弔慰金と退職金の見分け方に注意

 被相続人の葬儀で遺族が受ける弔慰金や花輪代などに、通常相続税は課税されません...

弔慰金と退職金の見分け方に注意の続きを読む>

マイホーム資金の贈与は省エネ・耐震住宅が有利

マイホーム資金の贈与は省エネ・耐震住宅が有利  マイホームを新築、取得、増改築す...

マイホーム資金の贈与は省エネ・耐震住宅が有利の続きを読む>

相続放棄と生命保険

◆生命保険金は相続財産ではない  相続によって引き継がれるのは、プラスの財産だ...

相続放棄と生命保険の続きを読む>

9号買換え:買換資産を見直し3年延長!

9号買換えとは、特定の資産(棚卸資産を除く)を譲渡し、一定期間内に特定の資産を...

9号買換え:買換資産を見直し3年延長! の続きを読む>

平成24年6月の税務

6月11日 ●5月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の...

平成24年6月の税務の続きを読む>

使える?使えない? 相続税の物納制度

◆物納は最後の砦?  国税は金銭で納付する事が原則ですが、相続税については延納に...

使える?使えない? 相続税の物納制度の続きを読む>

e-Taxの利用状況 法人税の申告では6割超

国税庁は平成23年度のe-Tax利用状況について、全体で2185万6429件(...

e-Taxの利用状況 法人税の申告では6割超の続きを読む>

請求期限迫る!生保〝二重課税〟の特別還付金

 生命保険金を一括で受け取るのではなく、数年間にわたって毎年一定の額...

請求期限迫る!生保〝二重課税〟の特別還付金の続きを読む>

請求期限迫る!生保〝二重課税〟の特別還付金

 生命保険金を一括で受け取るのではなく、数年間にわたって毎年一定の額...

請求期限迫る!生保〝二重課税〟の特別還付金の続きを読む>

年度終了後の報告義務

決算申告以外もお忘れなく! ◆申告するのは税務署だけ?  決算月は会社の任意で決...

年度終了後の報告義務の続きを読む>

協会けんぽ 保険料率改定

◆3年連続 健保・介護保険料の引き上げ  都道府県毎の保険料率が設定されている全...

協会けんぽ 保険料率改定の続きを読む>

FX税制改正:店頭FX、一律20%課税へ!

 ジャパンネット銀行が実施しました「FX税制改正に関する調査」結果(有効回答数4...

FX税制改正:店頭FX、一律20%課税へ!の続きを読む>

被災者生活再建支援金は雑損控除の損失から控除しない

    ...

被災者生活再建支援金は雑損控除の損失から控除しないの続きを読む>

所得税の確定申告 準備はお済ですか!

その年分の確定申告書の提出及び納付期限は、法律で定められ、原則、翌年の2月16...

所得税の確定申告 準備はお済ですか!の続きを読む>

主な収入が公的年金だけなら確定申告不要のケースも

 平成23年分以降の確定申告では、主な収入が公的年金だけの人は税務申告書の提出が...

主な収入が公的年金だけなら確定申告不要のケースもの続きを読む>

税制改正 法人税編

23年度第2次改正と24年度大綱 &nb...

税制改正 法人税編の続きを読む>

平成24年2月の税務

平成24年2月の税務 申告の際にご利用ください ...

平成24年2月の税務の続きを読む>

《コラム》金融・証券税制の確認

 今年6月に成立した平成23年度税制改正において、現行の上場株式等の配当等及び...

《コラム》金融・証券税制の確認の続きを読む>

売上代金と印紙税 金銭等の受取書

  印紙税は一定の文書(課税文書)を作成した場合に課される税金です。...

売上代金と印紙税 金銭等の受取書 の続きを読む>

「更正の請求」期限延長 対象範囲拡大も

 平成23年度税制改正に関して継続審議となっていた一部の法律が12月2日に成立し...

「更正の請求」期限延長 対象範囲拡大もの続きを読む>

国税庁が被災者の財産評価事例集を作成

 国税庁は、震災の被害を受けた地域の資産税の扱いを「東日本大震災に係る財産評価関...

国税庁が被災者の財産評価事例集を作成の続きを読む>

会計検査院 消費税「免税点制度」の悪用防止を提言

消費税率の引き上げが国民の大きな関心事となっていますが、こうした状況を踏まえて会...

会計検査院 消費税「免税点制度」の悪用防止を提言の続きを読む>

年末調整の準備を!昨年と比べて変わった点

今年も年末調整の時期が近づいてきました。年末調整は、給与の支払を受ける人の一人一...

年末調整の準備を!昨年と比べて変わった点の続きを読む>

会計検査院 消費税の事業者免税点制度を疑問視

 消費税は課税期間にかかる基準期間(個人事業者は前々年、法人は前々事業年度)の課...

会計検査院 消費税の事業者免税点制度を疑問視の続きを読む>

やっと施行、倒産防止共済

《コラム》やっと施行、倒産防止共済  ...

やっと施行、倒産防止共済の続きを読む>

文部科学省2012年度税制改正:寄附金税制の拡充を要望

 文部科学省は2012年度税制改正要望を公表しました。  それによりますと、個人...

文部科学省2012年度税制改正:寄附金税制の拡充を要望の続きを読む>

お年寄りが病気になった場合の「障害者控除」

 厚生労働省が公表した「平成22年度簡易生命表」によると、日本人の平均寿命は男性...

お年寄りが病気になった場合の「障害者控除」の続きを読む>

今年の税制改正 税控除と寄附文化の行方

◆寄附金控除の今年の税制改正 (1)国、地方公共団体、日本赤十字社及び中央共同募...

今年の税制改正 税控除と寄附文化の行方の続きを読む>

裁判員への旅費・日当は税務上どう処理する?

 裁判員は裁判に参加することで、社会生活を数日犠牲にしなければならないことがあ...

裁判員への旅費・日当は税務上どう処理する?の続きを読む>

罰則が厳しくなる義務的修正申告

 修正申告は、既に提出した確定申告の税額が過少(純損失等が過大)であったとき、原...

罰則が厳しくなる義務的修正申告の続きを読む>

個人が公益法人等に財産を寄附したときの非課税措置

個人が土地、建物などの財産(事業所得の基因となるものを除く)を法人に寄附した場合...

個人が公益法人等に財産を寄附したときの非課税措置の続きを読む>

現物分配の使い勝手のよさ <グループ法人税制>

◆現物配当と現物分配  現物分配とは、剰余金の配当等またはみなし配当により株主等...

現物分配の使い勝手のよさ <グループ法人税制>の続きを読む>

グループ法人税制 寄附金と受贈益の取扱い

◆資金調達の中立性  100%支配グループ内の法人による完全支配関係にある内国法...

グループ法人税制 寄附金と受贈益の取扱いの続きを読む>

《コラム》個人住民税の均等割について

◆均等割と所得割  個人住民税の税額は所得に関係なく定められている均等割額と、...

《コラム》個人住民税の均等割についての続きを読む>

今年の税制改正 3党合意に至らなかったもの

◆当初の内閣提出の税制改正案は  通常国会の初期に出されていた当初の平成23年...

今年の税制改正 3党合意に至らなかったものの続きを読む>

今年の税制改正 年金者は申告しなくてよい

◆3党合意をうけて今年から創設適用  6月30日公布された3党合意23年度税制改...

今年の税制改正 年金者は申告しなくてよいの続きを読む>

《コラム》サラリーマンの節税

◆選択済みの最大の節税策  サラリーマンは収入を誤魔化せないし、認められる経費も...

《コラム》サラリーマンの節税の続きを読む>

ロゴマークの制作費 登録商標なら償却資産

 消費者の購買意欲を掻き立て、購買を継続させる戦略の一つとして欠かせない「ブラン...

ロゴマークの制作費 登録商標なら償却資産の続きを読む>

適正借入残高はいくら?

◆適正借入残高の分析指標  「当社の適正借入残高は幾らですか」と聞かれることが...

適正借入残高はいくら?の続きを読む>

未払い給与の源泉税 「納付書」は忘れずに

 資金繰りの関係で役員や従業員の給与が未払いとなっている会社は少なくありません...

未払い給与の源泉税 「納付書」は忘れずにの続きを読む>

法人税ギリギリ申告 郵送なら消印に注意

法人税の申告期間は、事業年度終了の日の翌日から2カ月。たっぷり時間があるようで...

法人税ギリギリ申告 郵送なら消印に注意 の続きを読む>

租税公平主義と給与所得控除

平成23年度税制改正において、給与収入が2,000万円以上の役員等の給与所得控除...

租税公平主義と給与所得控除の続きを読む>

小規模宅地等 一の宅地等とは

相続税において、一定の相続人が(配偶者を除く)遺産の中に被相続人等が居住の用に供...

小規模宅地等 一の宅地等とはの続きを読む>

大学生の子に生活費 課税要件は「使い道」

  4月から新生活がはじまり、有意義な学生生活を送っている大学生も多...

大学生の子に生活費 課税要件は「使い道」の続きを読む>

存在感を増した上場株式等の配当所得

    ...

存在感を増した上場株式等の配当所得の続きを読む>

計画停電 太陽光発電を考えては

◆太陽光発電の促進  先日の東北地方太平洋沖地震では甚大な被害が日を追うにつれ明...

計画停電 太陽光発電を考えてはの続きを読む>

ふるさと寄附金制度の活用を呼び掛け!

総務省では、ふるさと寄附金制度を活用し、被災地以外の出身者でも復興支援が行える...

ふるさと寄附金制度の活用を呼び掛け!の続きを読む>

これでよいが超法規解決

◆日赤・共同募金への寄附がふるさと納税  東北関東大震災義援金として日本赤十字...

これでよいが超法規解決の続きを読む>

地震被害へ支援の輪 指定寄付金なら損金

 東北地方太平洋沖地震を受けて全国で支援の輪が広がっています。「被災地のために何...

地震被害へ支援の輪 指定寄付金なら損金の続きを読む>

給与の一部未払い 源泉徴収どうなる?

長引く景気の低迷で中小企業の多くは青息吐息。資金繰りに苦しむ会社の中には、やむを...

給与の一部未払い 源泉徴収どうなる?の続きを読む>

2009年度消費税調査 追徴税額約311億円と公表!

国税庁は、2009事務年度(2009年7月から2010年6月までの1年間)に実施...

2009年度消費税調査 追徴税額約311億円と公表!の続きを読む>

生命保険金<掛け金 一時所得計算に注意

確定申告が目前に迫っています。サラリーマンでも今年中に一定額以上の生命保険金や保...

生命保険金<掛け金 一時所得計算に注意の続きを読む>

平成23年度税制改正『相続税・贈与税』

平成23年度税制改正における資産課税については、相続税は「格差是正」及び「富の再...

平成23年度税制改正『相続税・贈与税』の続きを読む>

平成23年度税制改正『個人所得課税』

 平成23年度の税制改正大綱は、平成22年12月16日に公表されました。...

平成23年度税制改正『個人所得課税』の続きを読む>

《コラム》事前通知なしの突然調査

◆突然やってきたら、まず疑え  事前通告なしに突然「税務調査です」とやってきたら...

《コラム》事前通知なしの突然調査の続きを読む>

《コラム》相続があった場合の消費税 納税義務の判定

《コラム》相続があった場合の消費税 納税義務の判定  相続があった場合、被相...

《コラム》相続があった場合の消費税 納税義務の判定 の続きを読む>

《コラム》相続があった場合の消費税 納税義務の判定

《コラム》相続があった場合の消費税 納税義務の判定  相続があった場合、被相...

《コラム》相続があった場合の消費税 納税義務の判定 の続きを読む>

当局 公益法人調査に注力「収益事業で2億円」件数増

 税務当局が、収益事業の盛んな公益法人等の調査に力を入れています。  平成21事...

当局 公益法人調査に注力「収益事業で2億円」件数増の続きを読む>

ふるさと納税の特典 一時所得に該当も

 自分の故郷に何かの形で貢献できないかと考えている人は少なくないはずですが、この...

ふるさと納税の特典 一時所得に該当もの続きを読む>

扶養控除等(異動)申告書

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書は、①主たる給与から受けるもの、②他の所得者...

扶養控除等(異動)申告書の続きを読む>

《コラム》どこから課税?通勤手当

◆範囲内は非課税対象  毎日の通勤に電車やバスなどの公共機関はもちろん、マイカー...

《コラム》どこから課税?通勤手当の続きを読む>

《コラム》専業主婦は、幾らまで仕事をしたら良いのか

《コラム》専業主婦は、幾らまで仕事をしたら良いのか  専業主婦の妻がパート...

《コラム》専業主婦は、幾らまで仕事をしたら良いのか の続きを読む>

借金を相続放棄 保険金は遺贈扱い

長年連れ添った夫(妻)が多額の借金を遺して他界--。ショックも二重というものです...

借金を相続放棄 保険金は遺贈扱いの続きを読む>

社宅家賃の“適正額” 従業員と役員に違い

長引く不況を生き残る手段として社宅などの福利厚生にメスを入れる会社は少なくありま...

社宅家賃の“適正額” 従業員と役員に違いの続きを読む>

単身赴任者の帰宅費 給与にならないケース

愛する家族になかなか会えない――。単身赴任者なら誰もが抱える問題です。そんな単身...

単身赴任者の帰宅費 給与にならないケースの続きを読む>

新築直後に急な転勤 ローン控除どうなる?

念願のマイホームを取得してあとは引っ越すだけという段階になって会社から突然の転勤...

新築直後に急な転勤 ローン控除どうなる?の続きを読む>

《コラム》固定資産税について考えてみよう!

◇固定資産税とは?  固定資産税とは、毎年1月1日に土地・家屋・償却資産を所有し...

《コラム》固定資産税について考えてみよう!の続きを読む>

《コラム》離職理由による国民健康保険料の違い

◇国保の加入に保険料軽減措置制度創設  22年4月から、会社を退職し国民健康保険...

《コラム》離職理由による国民健康保険料の違いの続きを読む>

外国人を雇用する際のポイント

 経済社会の国際化の進展で、外国人労働者を活用したいという企業ニーズも高まってい...

外国人を雇用する際のポイントの続きを読む>

修繕費の判定に注意 “価値増加”ならNG

 建設当初はピカピカだった自慢の自社ビルも、年月の経過とともに老朽化し、機械設備...

修繕費の判定に注意 “価値増加”ならNGの続きを読む>

生命保険と損害保険 保険金税務に違い

 生命保険と損害保険の満期保険金の取扱いをめぐり一部で“勘違い”が絶えません。こ...

生命保険と損害保険 保険金税務に違いの続きを読む>

定年後再雇用時の社会保険の手続き

定年後再雇用時の社会保険の手続き ◇再雇用されて継続雇用する時は  会社で定...

定年後再雇用時の社会保険の手続き の続きを読む>

《コラム》育児休業終了後の保険料優遇制度

職場に働く人が育児のため休業し、職場に復帰した際、短時間勤務や残業しない場合は、...

《コラム》育児休業終了後の保険料優遇制度の続きを読む>

会社からの弔慰金 「社会通念上」の範囲は

家族が死亡したとき、死亡した人の勤め先から「死者をとむらい、遺族を慰める」といっ...

会社からの弔慰金 「社会通念上」の範囲はの続きを読む>

グループ法人て何?

平成22年の改正税法により、グループ法人税制が創設されました。  グループ法人と...

グループ法人て何?の続きを読む>

安易な退職金上乗せに注意 税務調査でも「見ますよ!」

 従業員の「早期退職」を実施する企業が増えています。早期退職は財務体質の抜本的な...

安易な退職金上乗せに注意 税務調査でも「見ますよ!」の続きを読む>

在庫を社員へ販売 値引率には要注意

 社内で売れ残った商品を、社員に対して値引き販売するのはよくあることです。不良在...

在庫を社員へ販売 値引率には要注意の続きを読む>

《コラム》子ども手当支給と家族手当

◇子ども手当の支給が始まる  政府は今年度から「中学卒業までの子ども一人当たり年...

《コラム》子ども手当支給と家族手当の続きを読む>

菅首相:消費税論議に意欲!

6月8日、菅直人首相は記者会見において、税財政改革に強い意欲を示し、鳩山前政権が...

菅首相:消費税論議に意欲!の続きを読む>

賞与に対する源泉徴収

1.給与と賞与で全く異なる源泉徴収  給与や賞与を支給する時には、所得税の源泉徴...

賞与に対する源泉徴収の続きを読む>

民主党の参院選公約原案:地方消費税を拡充へ!

民主党の参院選公約原案:地方消費税を拡充へ!  5月6日、民主党が今年の夏に...

民主党の参院選公約原案:地方消費税を拡充へ! の続きを読む>

受取配当等の益金不算入制度の負債利子控除

 すでにご存じのとおり、平成22年度税制改正において、受取配当等の益金不算入制度...

受取配当等の益金不算入制度の負債利子控除の続きを読む>

東京高裁:遊園施設の優待入場券を接待交際費等と判断

 東京高裁は、一審の東京地裁に引き続いて、遊園施設を運営する会社の役員が、特定の...

東京高裁:遊園施設の優待入場券を接待交際費等と判断の続きを読む>

たばこ増税と禁煙効果

◇たばこ税の増税  2010年度税制改正案は3月24日参院通過し成立しました。そ...

たばこ増税と禁煙効果の続きを読む>

医療と介護の負担軽減

◇高額医療・高額介護合算療養費制度  同世帯の中で同時期に医療保険や介護保険を支...

医療と介護の負担軽減の続きを読む>

エコポイント申請 領収書は保存義務アリ

政府が消費の喚起とエコ商品普及の一石二鳥を狙って始めた「エコポイント」制度が効果...

エコポイント申請 領収書は保存義務アリの続きを読む>

審判所 後出し申告はダメ 赤字繰越なら“連続”必要

青色申告法人への特典のひとつに、「欠損金の繰越控除」があります。申告書を提出した...

審判所 後出し申告はダメ 赤字繰越なら“連続”必要の続きを読む>

第三者立会いで納税猶予パー 本人の積極的立証必要

第三者立会いで納税猶予パー 本人の積極的立証必要 国税を滞納すると財産などが...

第三者立会いで納税猶予パー 本人の積極的立証必要の続きを読む>

子ども手当と配偶者控除廃止の関係

■扶養控除廃止は見送られたが…  政府の2010年度税制改正大綱...

子ども手当と配偶者控除廃止の関係の続きを読む>

こども手当の支給による税金への影響について

 2010年度は、子どもの養育を社会全体で支援するとの観点から、子ども手当(月2...

こども手当の支給による税金への影響についての続きを読む>

日航株は紙くずに 回復見込みなしなら評価損計上

日航の経営再建を主導する企業再生支援機構は、同社の支援計画を発表し、100%...

日航株は紙くずに 回復見込みなしなら評価損計上の続きを読む>

扶養親族の綱引きと機会の不平等

■先着順が大原則  別居や離婚後、養育費その他の費用を負担している父と、日常の起...

扶養親族の綱引きと機会の不平等の続きを読む>

《コラム》税金の場合の消滅時効

■時効制度とは  時効とは、法律用語の一つで、ある出来事から一定の期間が経過した...

《コラム》税金の場合の消滅時効の続きを読む>

バリアフリー改修対象範囲に要注意

「超高齢化社会」に突入しつつある日本。独居老人の孤独死などが問題となるなか、高齢...

バリアフリー改修対象範囲に要注意の続きを読む>

賃貸物件 “敷金”で注目裁決 「原状回復義務の消滅」

賃貸物件を契約した際に発生する「敷金」。この敷金は返却が前提のため非課税取引にな...

賃貸物件 “敷金”で注目裁決 「原状回復義務の消滅」の続きを読む>

支払事実による医療費控除

■療養上の世話の対価  療養上の世話を受けるため家政婦さんなどに支払ったときは、...

支払事実による医療費控除の続きを読む>

損害賠償金と相続税課税

死亡保険金、死亡退職金などについて  生命保険契約や損害保険契約に基づく死亡保険...

損害賠償金と相続税課税の続きを読む>

海外財産を贈与 課税のケースも

外務省がこのほど発表した資料によると、国外に住む日本人の数は平成2年以降毎年増え...

海外財産を贈与 課税のケースもの続きを読む>

法人税・消費税改革の方向性【2010年度税制改正大綱】

■法人税  これまでの法人課税の分野におきましては、主に租税特別措置によって、特...

法人税・消費税改革の方向性【2010年度税制改正大綱】の続きを読む>

平成22年1月の税務

1月12日 ●前年12月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月1日 ●前...

平成22年1月の税務の続きを読む>

【時事解説】経営安定化のために手元資金を厚くする1

5月26日付日経新聞の朝刊によると、上場企業が現預金(手元資金)を積み増しており...

【時事解説】経営安定化のために手元資金を厚くする1の続きを読む>

雇用確保の新設助成金

景気悪化が長引く中、人件費を重く感じている企業も多いかもしれません。企業は従業員...

雇用確保の新設助成金の続きを読む>

2010年代半ばの税制

■税制改正法附則に書かれているもの 「所得税法等の一部を改正する法律案」は3月3...

2010年代半ばの税制の続きを読む>

上場株式等の譲渡損益の確定申告

昨年の後半からの株式市場の低迷を受け、これを千載一遇のチャンスと捉え、積極的に株...

上場株式等の譲渡損益の確定申告の続きを読む>

2月の税務

期限項目 2月10日 ...

2月の税務の続きを読む>

裁判員制度の日当は「雑所得」

国税庁がいわゆる裁判員制度で支払われる日当について、所得税法上の「雑所得」にあた...

裁判員制度の日当は「雑所得」の続きを読む>

リース取引に関する消費税のQ&Aが追加

国税庁が8月29日に更新した質疑応答事例において、 所有権移転外ファイナンス・リ...

リース取引に関する消費税のQ&Aが追加の続きを読む>

政治資金パーティー チケット代は通常「寄付金」

衆議院解散の足音が近づくなか、政治家の講演会やパーティーが盛んになっています。 ...

政治資金パーティー チケット代は通常「寄付金」の続きを読む>

今年の年末調整では長寿医療制度にも注意

国税庁のホームページに「平成20年分 年末調整のしかた」、および「給与所得者の扶...

今年の年末調整では長寿医療制度にも注意の続きを読む>

話題の定額減税とは?

 政府・与党が8月29日にとりまとめた総合経済対策において、2008年度内に所得...

話題の定額減税とは?の続きを読む>

路線価標準宅地

■路線価とは  土地に値段を付けるための便法として道路に値段をつけます。これが路...

路線価標準宅地の続きを読む>

耐用年数等の見直しに関するQ&A

国税庁が「耐用年数等の見直し(平成20年度税制改正)に関するQ&A」を公開してい...

耐用年数等の見直しに関するQ&Aの続きを読む>

定期同額給与改定が認められる特別な事情とは?

平成18年度の税制改正で導入された「定期同額給与」については、まだ運用面で判断に...

定期同額給与改定が認められる特別な事情とは?の続きを読む>

公的年金から住民税天引き

■年金からの天引きの歴史  公的年金からの税金や社会保険料の天引きは、所得税の源...

公的年金から住民税天引きの続きを読む>

特定同族会社の相続時精算課税特例の手続きが明らかに

平成19年度税制改正では、相続時精算課税制度に「取引相場のない株式等に係る相続時...

特定同族会社の相続時精算課税特例の手続きが明らかにの続きを読む>

4月以降の法人税申告は「資本的支出」にご注意

 平成19年度税制改正では減価償却制度が全面的に見直されました。それに伴い、平成...

4月以降の法人税申告は「資本的支出」にご注意 の続きを読む>

中小・中堅企業もキャッシュフロー経営が急務に!

平成19年度税制改正の減価償却制度の全面見直しに続き、平成20年度税制改正では...

中小・中堅企業もキャッシュフロー経営が急務に!の続きを読む>

4月1日からリース税制が変わります

●法人税・所得税の改正わが国のファイナンス・リース取引のほとんどが「所有権移転外...

4月1日からリース税制が変わりますの続きを読む>

社保庁発行の「公的年金等の源泉徴収票」に一部誤り

国税庁が、社会保険庁が発行した「公的年金等の源泉徴収票」の一部に誤りがあることに...

社保庁発行の「公的年金等の源泉徴収票」に一部誤りの続きを読む>

確定申告とは

 一般的に確定申告というと、個人に対する所得税の確定申告を指すことが多いよう...

確定申告とはの続きを読む>

減価償却設備(機械装置)の耐用年数区分を見直し

日本経済新聞の記事によると、政府は2008年度から、減価償却資産のうち機械装置の...

減価償却設備(機械装置)の耐用年数区分を見直しの続きを読む>

平成20年度税制改正大綱 中小企業関連税制のポイント

 先日公表された与党税制改正大綱に含まれる、中小企業関係の税制は以下の通りです。...

平成20年度税制改正大綱 中小企業関連税制のポイントの続きを読む>

平成20年度税制改正に向けた本格議論がスタート

自民党税制調査会(津島雄二会長)が10月25日に会合を開き、来年度(平成20年度...

平成20年度税制改正に向けた本格議論がスタートの続きを読む>

平成19年の「基準地価」が公表 

国土交通省が基準地価(都道府県地価調査)を公表しました。基準地価とは、毎年7月1...

平成19年の「基準地価」が公表 の続きを読む>

金融庁が証券税制の再延長、恒久化などを希望

 このたび金融庁が公表した「平成20年度税制改正要望項目」によると、平成19年...

金融庁が証券税制の再延長、恒久化などを希望の続きを読む>

エンジェル税制も税額控除方式へ

経済産業省が平成20年度税制改正において、現在のエンジェル税制を抜本的に見直すこ...

エンジェル税制も税額控除方式への続きを読む>

原油や原材料価格高騰 9割の中小企業で収益圧迫

経済産業省が「原油価格・原材料価格上昇の影響調査結果について」を公表しました。現...

原油や原材料価格高騰 9割の中小企業で収益圧迫の続きを読む>

今年分の路線価公表。昨年より平均地価が1万円上昇

8月1日、国税庁が平成19年分の路線価を公表しました。今年(平成19年)に発生...

今年分の路線価公表。昨年より平均地価が1万円上昇の続きを読む>

タイヤロックで自動車差し押さえ

東京都の昭島市が、市民税や都民税を滞納した男性2人に対し、所有する乗用車に「タイ...

タイヤロックで自動車差し押さえの続きを読む>

事業承継協議会が承継税制などについて中間報告

経済産業省(中小企業庁)が「事業承継協議会の検討成果について」を公開しました。 ...

事業承継協議会が承継税制などについて中間報告の続きを読む>

骨太の方針2007 税制については「基本哲学」のみ

「骨太の方針」とも呼ばれる「経済財政改革の基本方針」の2007年版が、経済財政諮...

骨太の方針2007 税制については「基本哲学」のみの続きを読む>

7月23日に国税庁ホームページが生まれ変わる

国税庁が、7月23日から同庁ホームページをリニューアルすることをPRしています。...

7月23日に国税庁ホームページが生まれ変わるの続きを読む>

平成18年度の査察件数は増加。脱税額は300億円

国税庁が「平成18年度における査察の概要」を公開しました。それによると、平成18...

平成18年度の査察件数は増加。脱税額は300億円の続きを読む>

募集年齢制限を禁止、改正雇用対策法が可決成立

「改正雇用対策法」が6月1日、参院本会議で可決成立しました。施行日は別途政令で定...

募集年齢制限を禁止、改正雇用対策法が可決成立の続きを読む>

6月1日より最低賃金の一斉監督実施中

柳沢厚生労働大臣が5月11日の閣議において、最低賃金の履行確保、周知徹底を目的に...

6月1日より最低賃金の一斉監督実施中の続きを読む>

還付申告増加で平成18年の所得税確定申告数は過去最高

国税庁が「平成18年分の所得税、消費税及び贈与税の確定申告状況について」を公表し...

還付申告増加で平成18年の所得税確定申告数は過去最高の続きを読む>

6月から住民税が上がる。自治体がPR強化

6月より、多くの方の住民税が上がることになります。そのため市町村をはじめ多くの自...

6月から住民税が上がる。自治体がPR強化の続きを読む>

約6割の非公開企業が会社法施行にあわせて定款変更

東京商工会議所が「会社法施行後1年間における中小企業の対応状況に関する調査結果」...

約6割の非公開企業が会社法施行にあわせて定款変更の続きを読む>

メタボリック対策で健康診断にウエスト測定義務化

「メタボリック症候群」については、いまだにその正当性に賛否両論があるようですが、...

メタボリック対策で健康診断にウエスト測定義務化の続きを読む>

3月の倒産件数が増加、サラ金の貸し渋りが原因?

帝国データバンクが調査・公表した「倒産情報2007年3月報」によると、2007年...

3月の倒産件数が増加、サラ金の貸し渋りが原因?の続きを読む>

国税庁が6月からネット公売を開始

国税庁がインターネット・オークションを利用した公売を6月から開始するようです。 ...

国税庁が6月からネット公売を開始の続きを読む>

手形が電子化される。「電子債権」要綱案が固まる。

このたび、法制審議会(法務大臣の諮問機関)の電子債権法部会が「電子登録債権法」の...

手形が電子化される。「電子債権」要綱案が固まる。の続きを読む>

確定申告書の作成会場が全国で開設

2月16日から始まる所得税の確定申告期を前に、申告書作成会場が全国各地に開設され...

確定申告書の作成会場が全国で開設の続きを読む>

所得税の確定申告がスタート

2月16日、いよいよ平成18年分の所得税確定申告の受付が始まりました。申告期限は...

所得税の確定申告がスタートの続きを読む>

手形が電子化される。「電子債権」要綱案が固まる。

このたび、法制審議会(法務大臣の諮問機関)の電子債権法部会が「電子登録債権法」の...

手形が電子化される。「電子債権」要綱案が固まる。の続きを読む>


このページのトップに戻る