税理士 嘉戸英二 ご挨拶

artcl100000010-02.jpg  

所長の嘉戸英二と申します。早いもので、園曽秀人税理士と税理士法人ヴィジョン・サポートを設立しまして、13年目に入りました。園曽税理士とは、前職で同僚として10年余、また、税理士試験の苦楽をともにした勉強仲間でもありました。暑さ対策のため金沢まで受験に出かけたことは、今では良き思い出となっております。

ヴィジョン・サポートの設立には、準備期間に約一年をかけ、経営ヴィジョン等を作り上げました。また、経営理念として、信頼・迅速・的確・効率を重要なキーワードとし、日々の業務に努めてまいりました。現在、ヴィジョン・サポートの組織の骨格として有効に機能していると実感しております。

現在の私たちを取り巻く日本の経済構造は、右肩上がりの人口増大社会の終焉、本格的な少子高齢化社会を迎え、経済成長の鈍化、社会を支える生産人口の減少による世代間の垂直的格差、それに伴う社会コスト(税金、社会保険料等)の相対的負担増という局面を迎えております。このような大変厳しい経済環境の中で、経営の責を担っておられる社長様方におかれては、たゆまぬ経営努力の日々でおられることと思います。

どのような時代にあっても、経営にとって最も大事なものは、社会に資する、差別化されたヴィジョンであると私は考えます。その経営ヴィジョンを税務、会計の面でサポートさせて頂くのが私ども税理士、また、ヴィジョン・サポートの社会的使命であると思います。

まず、良い仕事を積み重ねることで、お客様の信頼を得ることを第一に、スピードの求められる現代社会、情報が氾濫する中で、真に必要な情報を迅速かつ的確に提供させて頂きたいと考えております。

税理士を目指す社員も入社し、経営理念を共有し、組織だった効率的サービス提供を追求する中で、専門家集団として更なる確実なサポート体制、よりよいサービスの構築に努めてまいりたいと思います。

                                                              税理士法人ヴィジョン・サポート
                                                                 嘉戸英二事務所
                                                                         所長     嘉戸  英二

 <  前の記事  |  トップページ  |  次の記事  > 

         


このページのトップに戻る