会社設立・開業のご相談、決算、税に関するご相談は税理士法人ヴィジョン・サポート

税に関するニュース

(後編)国税庁:2013事務年度の消費税調査を公表!

(前編からのつづき)

 1件あたりの追徴税額をみてみますと、特別調査・一般調査が61万円(前事務年度59万円)、着眼調査が21万円(同22万円)で、実地調査合計では53万円(同48万円)、また簡易な接触が9万円(同8万円)となっており、調査等全体では1件当たり平均28万円(同25万円)の追徴税額でした。

 調査事例として、外壁工事の請負事業者Aは、所得税の確定申告書を、売上金額が1千万円を若干下回る金額で毎年提出しており、免税点制度を利用した消費税の無申告者と想定され、調査の結果、実際は売上が毎年1千万円を超えていましたが、意図的に現金取引に係る売上を除外して申告額を調整し、消費税の課税を免れていたことが判明し、所得税7年分の追徴税額約1,600万円、消費税6年分の追徴税額約300万円が課されております。
 原則として、個人事業者に対する消費税の調査は、所得税の調査等と同時に実施されますが、国税当局では、消費税のみ無申告とする納税者に対しては、上記のような着眼調査や簡易な接触により適正な課税に努めております。

(注意)
 上記の記載内容は、平成27年1月12日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません

お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 042-725-3881
  • 受付時間 9:00~17:30 土日相談可(予約制)